ブレーキ無しで公道を走ってもいいのか?

インデックス > ピストについて > 現在のページ

法律上は違反なのですが……

最近のピストブームで、ブレーキの付いていないピストの是非が一部で問題となっているようです。そのまま公道を走ることで、危ないんじゃないか?法律違反ではないか?と声が上がっています。

もちろん、自転車にはブレーキがないと法律違反です。ただ、普通にイメージするあの挟むブレーキだとは書いてありません。ブレーキレバーを握ってブレーキがかかるようにともなっていません。

そこで、ノーブレーキ派は、法律の文言のとらえ方で合法という見解を引き出しているようですが、日本ではこれが問題ないと理解されるかは難しい雰囲気ではないでしょうか。こういった難しい話はよく分かりませんがね。

バックを踏む=ブレーキになるか?

バックを踏むことでブレーキ機能であると考えるようですが、ピストの特徴からするとちょっと厳しいです。実際には、事故なく走る慣れた人が多いようですが、ブームになっている今はまともな知識なく乗り始める人も出てくる可能性があります。

仮にバックを踏むことをブレーキとして認知したとしても、乗る人の技術や出ている速度により制動距離が大幅に変わります。また、通常のブレーキ付き自転車に比べて、その性能が大幅に劣るため、どちらにしても比べてしまうとどうしても危険な自転車となってしまいます。

バックを踏んで止まるのも速度により一応可能ではありますが、通常の自転車のブレーキと比較されると、使い物にならないと言われても仕方がないでしょう。実際はゆっくり走る人がほとんどですが、スピードを出した状態での急ブレーキはまず不可能です。滑っていくので。

かなり遅い速度でも、ブレーキのある普通の自転車のようには止まれません。キュッ!!と止まれないんですね。結構その差で事故にならなかったりするので、この僅かな差でもかなり安全度は違ってきます。

そもそもブレーキのない自転車は売っていない

そもそも、自転車(完成車のこと)はブレーキ無しで売られていません。この時点で、自転車にはブレーキが必須という認識は常識のはずです。常識というより、それを必須と考える必要性もありませんでしたね。とりあえずブレーキは付いているという感じです。

しかし、ピストがブレーキ無しで売られているのは、もともと、競輪場(バンク)での専用車だからです。ですから、フレームにブレーキ取り付け穴が最初からないのが多くなっています。

つまり、ピストがブレーキ無しで売られているのは、何もブレーキ無しでいいよ、ということではなく、ピストとして通常のあり方で売られているだけということです。公道O.K.だよと言っているわけではありません。これを勘違いしている人もいるようですが…

ノーブレーキピストの現状

ピストということなので、通常はブレーキがない状態で売っていてもおかしくはありません。そこで街乗りに使う目的の人には、自転車ショップ側がブレーキ付きを薦めるようです。ただいらないという人もいるようで、認識は人によりまちまちです。

メッセンジャーさんについては以前記述していた部分がおかしかったので訂正します。ノーブレーキと書いていましたが、前か後ろかの片ブレーキということですね。このパターンが多いです。

製動力から言ってつけるなら前でしょうが、フロントフォークに穴がないことが多いので後ろブレーキの人も結構います。

片ブレーキもO.Kなのかどうかよく分かりません。ノーブレーキより遥かに安全なのは当然なのですが、前後ないとダメという意見とぶつかります。確かに前後あれば言うことありません。本来はやはり前後あるべきなのでしょう。よく分からないところです。

そして、警察官の前をノーブレーキのピストが通過すると……

私が見たことある数少ない場面の限りでは、何も言われていません。これを書いたとき以前の数回の話のなので、時間の経過と共に結果は変わっていくでしょう。そもそもその警察官がノーブレーキピストの存在を知っていたのかどうかも分かりません。てっきり注意されると思って見ていたんですけどね。

むしろボロイ自転車に乗っているときのほうが見られているようで、すぐに盗難の疑いがかけられます…

というわけで、現状でははっきりと取り締まられないみたいな扱いになっていますが、やはり他人の迷惑と安全を考えると、これからしっかりとした規制がかかってもおかしくないでしょうね。実際に警察の目は厳しくなってきているようです。ただ単に知らなかっただけかもしれませんね。

カテゴリ:ピストについて

©ピストな自転車 All right reserved.