ピストの特徴【簡単まとめ】

インデックス > ピストについて > 現在のページ

できるだけ簡単に

ピスト自転車の特徴を簡単にまとめてみます。

急ブレーキがかけられない、かけにくい

ピストは急に止まることができません。ブレーキ付きであっても、通常の自転車より止まりにくくできています。特に、スピードが出ているときはなおさらです。

急に脚を止められません

普通の自転車は、ある程度走って脚を止めると、そのまま惰性で進んでくれます。もちろん脚は止まったままです。

でも、ピストの場合は、脚を止めることができません。脚を止めようとしても、勝手に脚が回ります。スピードが出ているときに無理に止めようとすると、体ごと前方に投げ出されます。

変速機がありません

前も後ろもギアが一枚です。ギアの大きさを選ぶことで、ペダルの踏み応えを調整するしかありません。

特に前半2つの特徴がいろいろ問題に

上記の特徴のうち、「急ブレーキがかけられない、かけにくい」「急に脚を止められません」は、フリーギアを使うことで解消されます。フリーギアは、通常の自転車のように、脚をとめたまま惰性で走れる仕組みです。

ただし、その場合、ブレーキがないともっと大変なことになります。あくまで、ブレーキが付いた、ピストバイクであることが当然必要です。

競技以外の通常の使用には、フリーギアの使用が推奨されています。こういった点で、「ピスト=危険な自転車」という図式・イメージが強く印象付けられています。

カテゴリ:ピストについて

©ピストな自転車 All right reserved.