急に短い距離で止まれるのか?

インデックス > ピストについて > 現在のページ

ブレーキなしなら急には止まれない

ピストには通常ブレーキがついていません。そのためバンクでの競技中に落車が起きて急に止まる必要があっても止まれません。もうこけるしかありません。

後輪をロックさせて滑りながら止まる「スキッド」というテクニックで止まれる事は止まれます。でもかなり滑っていくのでやはり急には止まれません。止まるというより、滑り終わるといったほうがしっくりきます。

一般的なママチャリの速度であっても、ロードのように急にピタッとは止まれません。数メートルは走り続けないと止まれません。ギア比にもよりますが、ハッと気づいてすぐに止まれるということはできないものです。

ブレーキを付ければ一応は止まれる

ブレーキが付いていればロードに近い感覚で止まれます。ただ脚を止めるのが速すぎると前に吹っ飛ぶ可能性があります。特に速度が出ているとそうなりやすくなります。

また、取り付けるブレーキにもよります。フレームにブレーキ穴が付いていて、ロード用のしっかりしたブレーキを使っているなら確実に止まれます。ただしこれも速度によります。

しかし、競技用のブレーキ穴がないフレームに付ける、板で挟んで固定するピスト用簡易ブレーキだと、効きがかなり悪くなります。後ブレーキだけだとさらに止まりません。気休め程度だと考えてください。

急に止まれないピストの特性は、バンク内でなら問題がなくメリットがありますが、街乗りする場合は特にメリットがあるわけではありません。確かに速度は少ない力で出て維持できますが、ストップアンドゴーの街乗りではあまり意味はないでしょう。ギア比で多少は解消できるかもしれません。

難しいところですが、ピストの特徴を味わいたいなら、素直にバンクで楽しみたいところです。

カテゴリ:ピストについて

©ピストな自転車 All right reserved.