ブリジストンアンカーのカーボンフレーム

インデックス > ピストバイク・フレーム紹介 > 現在のページ

日本のカーボンフレーム人気No.1

アンカーPHR7

ピストのカーボンフレームはかなり種類が限られていますが、その中で一番の人気を誇るのが、ブリジストンアンカーです。

以前はTT用、スプリント用と分かれていましたが、現在はカーボンの質の違いによる2モデルのみです。上位モデルがハイモジュラスカーボンです。単純に考えて、より剛性があると思っておけばいいでしょう。プロはこちらを選択します。

フレーム形状は翼面加工されたような、各部非常に滑らかなラインとなっています。知人いわく、風を切る音が聞こえるそうなので、空気抵抗はかなり軽減されているようです。

入手方法と価格

価格はハイモジュラスで実売22万円から、ノーマルカーボンが約19万円からとなっています(2006年7月アスキーサイクルの価格より)。両者は定価で5万円くらいの差なのですが、割引すると値段差が縮まります。これならハイモジュラスを購入した方が得だと思います。

ANCHOR PHR7【ブリジストンアンカー】
↑ウエムラパーツで約21万円。ハイモジュラスでないタイプです。

このフレームの世間での使用率ですが、まず街乗りで使う猛者はほとんどいないでしょう。いることにはいるでしょうが、かなり少ないと思われます。

このフレームはやはりレース用と考えるのが普通です。レース会場であるバンクに行けば、このアンカーカーボンはそれほど珍しいものではありません。アマチュア大会だとまだまだ鉄フレームの方が多いですが、より本格的な大会になればその使用率はもっと高くなります。

本気でタイムを出しにいくなら、このカーボンフレームにディスクホイールを併せると強力です。さらに前輪もMAVICイオにすると、噂では勝手に速度が出て好タイムが出るそうです。ここまでくると、お金でタイムは買えるのかもしれません。

カテゴリ:ピストバイク・フレーム紹介

©ピストな自転車 All right reserved.