中古でフレームを買う場合の注意点

インデックス > ピストバイク・フレーム紹介 > 現在のページ

ピストは旧式規格が今でも多く出回る

中古でピストフレームを買う場合は、旧式のフレームにあたることが多くなります。現在の主流規格と違うことがあるので、購入前に調べておきたいことがあります。

エンド幅はなるべく120mmを選びたい

中古でピストフレームを買う場合は、特にエンド幅に注意してください。昔のフレームはエンド幅が110mmのことが多く、今売られているディスクホイールが使えません。

手組みのノーマルホイールは、110mmハブが現在も売られているため問題ありませんが、ディスクホイールを使いたいなら注意が必要です。

シートピラーのサイズに注意

シートピラー(シートポスト)のサイズにも注意が必要です。古い鉄フレームはこのサイズがまちまちです。アルミやカーボンフレームなら、特殊なものを除いて27.2mmですが、古い鉄フレームは27.0mmといった微妙なサイズ、さらにはそんなシートピラー売っているのか?というサイズもあります。

27.2mmならいくらでも種類、素材、長さがありますが、これ以外のサイズは種類があまりないので注意が必要です。特殊なサイズで安定して手に入るのは、カロイのシートピラー(2,000円くらい)など安い普及モデルしかありません。

他にもあるかもしれませんが、とにかく使えるシートピラーが限られる、もしくは、シムをかませて使わないといけないので、フレーム落札の前によく調べておく必要があります。

シート角にも一応注意

あまり気にする必要もないかもしれませんが、たまにシートパイプが極端に立ったフレームがあります。シート角が立った、大きいとも表現します。ピスト独特の前乗りをしやすくしたフレームで、プロでも極一部しか使わない特殊なフレームです。嫌でも前乗りになるフレームです。

ヤフオクでもほとんど出品されないでしょうが、シート角が80°に近すぎるようなものは購入しないのが方がいいです。普通のシート角は74?76°台です。この範囲を超えるものはパスしたほうが無難です。

あとの規格はどの鉄フレームも大体同じです。カーボンやアルミに関しては、ほぼロードの規格と変わらないでしょう。

鉄フレームはサビに注意

鉄フレームはどうしてもサビができます。特に古いフレームほど顕著です。外観は綺麗でも、パイプ中身がボロボロのこともあります。それで乗れないわけではありませんが、外観だけで値段の相応を判断すると失敗することもあります。

特に完成車はひどい時があります。ステムやシートピラーがサビで固まっていて抜けないことがあります。ヤフオク等で購入する場合、質問で確認しておいた方がいいでしょう。

カテゴリ:ピストバイク・フレーム紹介

©ピストな自転車 All right reserved.