エンド幅は何mmか?

インデックス > フレームについて > 現在のページ

二種類のエンド幅

エンド幅とは、フレームの車輪がはまる部分のフレーム内側間隔、つまりハブ軸の長さになります。

エンド幅

ロードは130mm、MTBは135mm、ピストは110mmと120mmがあります。

110mmと120mmに互換性はありません。120mmなら120mmのハブでないと取り付けできません。鉄フレームだとステーが柔軟なので、強引に付けられないこともないですが止めておきましょう。

現在の主流は120mm

現在売られているフレームは全て120mmと考えていいです。110mmは古い規格なので、現在売られているディスクホイールが使えません。中古でフレームを買うときは、120mmタイプを選ぶのがおすすめです。

鉄のフレームだとエンド幅123mmいった中途半端なタイプがあります。これは、『チェーン引き』という金具を、車輪とフレームの間にかますためにその厚み分の余裕を持たせているからです。

ただチェーン引きは必須ではありません。鉄フレームは柔軟性があるので何の問題もありません。でもチェーン引きの価格は安いので、手に入れば付けておいたほうが車輪の取り付けが楽です。

前輪のエンド幅

前輪のエンド幅は100mmです。ロードやMTBなどと同じです。街乗りや練習用車輪などはロードのものが流用できます。レースにもロード用前輪が使われています。

カテゴリ:フレームについて

©ピストな自転車 All right reserved.