1kmTTの競技方法・流れ

インデックス > 競技内容・ルール > 現在のページ

1km走るタイム走

1kmタイムトライアル(以下1kmTTとする)は、止まっている状態からスタートし、1km走り終えるまでのタイムを競う競技です。ピスト競技の中で最も基本であり、単純にその人の強さが現れる競技です。1kmは男子だけで、女子は500mで行います。

スタートの様子

1kmTTのスタートは、専用の機械に後輪を固定するか、人に後ろから支えられた状態でスタートします。

ピストルや電子音でスタート

ピストルの号砲や、電子音でスタート。タイミングを合わせて号砲と同時にペダルを一気に踏み込んで発進します。

スタートから120~200mくらいまでは立ち漕ぎのまま全力で加速します。加速しきったらサドルに座り通常のシッティングに移ります。

とにかく全力で最後まで走るのみ

あとはひたすら走るだけです。700mあたりを過ぎると脚に乳酸がたまって非常につらくなります。1km走り終えると、倒れこんだりと座り込んだりとヘロヘロになるほどツライ競技です。

1kmTTの目安タイム

1kmTTを走るアマチュア選手のタイム目安は、プロを目指す競輪学校合格者で1分12秒は切ります。そこそこ速い人は1分15秒ぐらいで走ります。ちなみに世界レベルとなると1分0?3秒が決勝のタイムとなります。

カテゴリ:競技内容・ルール

©ピストな自転車 All right reserved.