スクラッチの競技内容

インデックス > 競技内容・ルール > 現在のページ

長距離の競輪に近い

スクラッチは長距離の競輪に近い競技です。ただし競輪にある先導車はスクラッチにはありません。また、昔はスプリントのことをスクラッチと読んでいましたが、今のスクラッチは別の内容になっています。

距離とルール

距離はエリート男子15km、女子エリート10km、ジュニア男子10km、ジュニア女子7.5kmです。アマチュア大会ではこれより短い距離で行うこともあります。

ルールはただ早く規定距離を走りきるだけです。ただし、メイン集団に追い抜かれたら失格になります。

スタートの様子

スタートはフライングスタートです。選手の半分はバンク内側で人に支えられて、残り半分は外側の柵や網につかまって待機します。スタートの合図で走り出します。ゆったりとしたペースで1周を周り、スタートライン通過と同時に鳴る号砲、電子音で正式スタートになります。

特に何も考えずにロードレース感覚で走れます。ピストの集団レースの中では一番手軽です。それでいてピストの走り方、集団走行、先頭交代などあらゆる技術が身に付きます。最近人気が出てきたピスト競技です。

カテゴリ:競技内容・ルール

©ピストな自転車 All right reserved.