助走編:ハロン(200TT)のコツ

インデックス > テクニック・乗り方 > 現在のページ

パワーがない人は助走で補う

ハロンは陸上で言えば100m走にあたり、スプリント力が求められる競技です。脚力、パワーが必要ですが、これに劣る人でも工夫すればある程度タイムが伸びる場合があります。

その方法は、駆け下ろす前の、助走部分での速度調整です。

400mバンクの場合

図説1

速度がじわじわと上がっていくのは、2周目の第4コーナーから第1コーナーにかけてです。ここで少し速すぎるくらいに加速しておいた方がタイムが良くなります。

ハロンに自信がない人は、タイム計測される残り200m区間のために体力を温存しようとします。そのため、第4コーナーから第1コーナーにかけての直線での速度が遅すぎる場合があります。これでは第1コーナーの坂で失速してしまいます。失速を防ごうとすると踏み込んでしまうため、余計な体力も使ってしまいます。

ポイントは第1コーナーで速度を落とさないことです。惰性で登りきってしまえるだけの速度があると、その後の駆け下ろしが楽になります。一瞬で最高速度に持っていける脚質なら問題ありませんが、そうでないなら助走の速度を速めぐらいにするのがコツです。

ちなみに、世界選手権でのハロンだと、250mバンクということもあるでしょうが、この助走の部分で時速50km以上も出ている選手がいるとも言われています。

カテゴリ:テクニック・乗り方

©ピストな自転車 All right reserved.