ギブリ:カンパニョーロのディスクホイール

インデックス > ホイール・車輪について > 現在のページ

日本で人気No.1

ギブリディスクホイール

日本で一番人気があり、上級者や競輪選手が好んで使うディスクホイールがギブリです。カンパニョーロ社が製造しており、噂によれば作れば作るほど赤字になるとか。

特徴は、乗り心地がよい、軽量、かかりが良いことです。スプリントや競輪といったパワー種目、個人追い抜きやポイントレースなどの中長距離系でも使える万能のホイールです。

予算があるなら、ギブリを買っておけば間違いないと言えるディスクホイールです。

入手方法と価格

価格は20万円~30万円ほど。ヤフオクだと程度により10~20万円ほどです。中古でも値段が下がりにくくなっています。

多くのレース系自転車ショップで販売されています。年間通して安定して手に入ります。

Campagnolo GHIBLI(カンパニョーロ ギブリ)←ウエムラサイクルパーツ

海外ではMAVICコメットの方が人気?

世界選手権のケイリンやスプリントを見ると、ギブリを使っているのは日本選手(競輪選手)ばかりです。外国人選手はMAVICのコメットを使っているのがほとんどです。

スポンサーの関係を抜きにすると、これは、競輪選手がよく口にする、しなりや固さといった条件が関係しているそうです。乗りこなすのには相当のパワーがいるとされるコメットでは、競輪選手のフィーリングには合わないのかもしれません。

銀メダルを獲得したアテネオリンピックのチームスプリントでも、日本の三選手は、先頭の長塚選手を除いて後ろ二人はギブリでした。上位の他外国はコメットの使用率がとても高くなっていました。

しかし、アテネ以降の国際レース出場の若手日本人選手は、コメット使用率が高くなっています。

ちなみに、スポンサーの関係上かどうか分かりませんが、イタリアはギブリを使っています。カンパニョーロがイタリアのメーカーだからでしょうか?さすがにフランスのMAVICは使えないのかも・・・・・・

カテゴリ:ホイール・車輪について

©ピストな自転車 All right reserved.