カムシン:カンパニョーロのディスクホイール

インデックス > ホイール・車輪について > 現在のページ

一部で根強い人気がある

カムシンは、現在では生産されていない、カンパニョーロ社製のディスクホイールです。

※2007年モデルからカムシンはロードホイールの名称となりました。

ただカンパニョーロだけに、その完成度は秀逸。今でもアマチュアなら十分武器となるディスクホイールです。現在のカンパニョーロは名高いギブリを生産していますが、旧式のカムシンの方がいいと感じる人もいるようです。

ギブリと言えば、テンション構造で作られていることが有名ですが、カムシンはこの構造ではありません。モノコックの張り合わせ構造と聞いています。ギブリとは乗り味や性格が違います。

頑丈でやや重い

重量はやや重い部類に入ります。頑丈な作りで、カムシンを付けたピストに乗ってみると、後輪に普通の車輪ではない重みを感じます。踏み出しと乗り味はギブリより重いです。

最近のディスクホイールはどれも軽いので、比較すると旧式な雰囲気は否めません。ただパワーがある人にはむしろ快適に感じるかもしれません。

入手方法

購入手段はヤフオクやショップの中古になります。価格は4万円台から。コリマの中古と同じ価格帯になっています。新品の入手はかなり難しいと思われます。特に程度が良いものが少なく、側面に穴が開いていたり、ハブがダメになっているものが多いようです。

カテゴリ:ホイール・車輪について

©ピストな自転車 All right reserved.