タイヤの幅は何mmか?

インデックス > ホイール・車輪について > 現在のページ

ピストタイヤ幅は18mmでも普通の細さ

ピストタイヤはチューブラーで、ロードタイヤよりさらに細くなるのが一般的です。

ロードタイヤは22~23mmが一般的です。タイムトライアルの時や体重の軽い人は19mmや20mmの細めを使う人もいます。

逆にピストの場合は最低で18mmという細さです。ここから21mmくらいまでが販売されているピストタイヤの一般的な幅です。

ピストタイヤの定番であるブランドSOYOの説明では、一番細いのが個人TTで、それより0.5mm太いのがスプリント用、さらに0.5mm太いのがポイントレース用などと分けられています(WEBの説明ページが消えているので不確かです。間違えているかもしれません)。

バンクなら18mmか19mmが基本

プロの場合は知りませんが、私の知っているアマチュアの場合は体重に関係なく、18mmの一番細いタイヤをすべての競技で使っています。ブランドにより19mmが一番細いこともあるので、その場合は19mmです。さすがにディスクを何組も用意して1kmTT用、スプリント用、ポイントレース用なんて用意できないので当然です。そもそも競技で幅の違いが影響するのかさえ不明です。

タイヤ幅結局は好みの問題かと思います。細ければ速くなるとも限らないタイヤですから、フィーリングで選ぶのも一つの手です。

ちなみに街乗りなら好きなタイヤを使います。これは言うまでもないでしょう。

カテゴリ:ホイール・車輪について

©ピストな自転車 All right reserved.